SSブログ

前味 中味 後味 [番外編・編集後記]

▼ある鰻職人さんから、こんな話を伺った。
「飲食店には欠かせない3つの“味”がある。まず“前味”はお客さんが食事を口にするまでの間の事で、店内外の掃除がきちんとされているか、店内が時期にあった雰囲気を醸し出しているか。“中味”は実際の料理の味の事で、季節の旬をとらえ、また器の色などをきちんと季節に合わせているか、最後に“後味”とは、満足出来る価格帯であったか、お帰りになるお客様を心地よくお見送りできたか」。
今の時代、こうした基本的な”3つの味”が守られていないお店も見受けられる。”念には念を”『3つの味』がしっかりと実行されているか、改めて確認してみてはどうだろうか?お客さんに不愉快な思いをさせぬためにも。

▼ある一般紙で、小売業・サービス業の魅力度調査という興味深いデータが掲載されていた。その記事によると、その魅力度調査を通して、『現代の消費者に満足してもらうためには買い物の楽しさ、快適さ、利用後の余韻など心地よい経験が必要になってきている』と説いている。
何事にもおいても“心地よい”体験というものは、必ず消費者の胸に刻まれるものだけに、改めて注目していきたい大事な要素の一つになるだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0