So-net無料ブログ作成

皆様、一度、うなぎの伝説を読んでみてください。『美少年に化けた鰻』 [番外編・編集後記]

うなぎの伝説です!



茨城県水戸から国道一二三号線を西北へ向い、東茨城郡常北町石塚から南下して、笠間へ向って五キロほど行くと、常北町上入野の小杉寺に着くが、ここは平清盛の長男平重盛の墓のあるところ。


この小杉寺からさらに玄関の方へ向かうと、常北町下古内に着く。ここには臨済宗の名刹清音寺がある。昔、寺が盛んな頃は常時数十人の小僧が寺で修業していたが、その中に一人の美少年がいた。毎日どこからともなく強飯を運んできては、本尊の観音様に供えていた。


ある時、古内の殿様が、藤井川で釣りをしていた。そのうち、殿様の棹に二メートルもある大きな鰻がかかった。腹を割いてみると腹の中は強飯でいっぱいだった。この時以来清音寺の美少年は姿を消した。この鰻が清音寺の小僧だったといい、村野人たちによって石の鰻地蔵が建立された。

(「茨城の伝説」角川版より)

こんな話、いっぱいあります☆

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0