SSブログ

『ウナギが生息する利根川を取り戻す』〜利根川シンポジウム開催〜 [本紙記事/速報]

水源開発問題全国連絡会、利根川流域市民委員会、ラムサール・ネットワーク日本の三団体が主催するシンポジウム「ウナギが生息する利根川を取り戻そう!利根川水系河川整備計画を市民の視点で!Part1」が先月23日、東京・永田町の参議院議員会館で開催された。

シンポジウムでは茨城大学地域総合研究所の二平章客員研究員、利根川流域市民委員会の嶋津暉之氏、特定非営利活動法人「アサザ基金」の飯島博代表理事がそれぞれ講演。地域資源であるウナギの歴史的価値の重要性を改めて強調し、「地元の自治体や住民、関係団体などが一体となり、市民の視点でウナギが安心して生息できる河川環境を取り戻すべきだ」と訴えた。

参加者からも「関連省庁の担当者を交えてじっくり話し合うことが大切」といった建設的な意見が出されるなど活発な議論が展開。多くの人が日本の食文化であるウナギの再生を強く求めている様子が窺われた。[詳細は5月10日号]
利根川シンポブログ用.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0