SSブログ

今号のうなLady〈Vol.93〉2017年12月15日号掲載 [うなLady]


大久保 結奈さん(24歳)
浜松ケーブルテレビ リポーター

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-自分へのご褒美や、お祝い事があると食べたくなります。浜松市のうなぎは本当に美味しいので、県外や海外から友人が遊びに来た際にはぜひ一緒に食べたいです。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されましたが、伝統の食文化を絶やさないためにウナギ業界は何をすべきだと思いますか?
-乱獲を控えることが大切だと思いました。稚魚を守るために、乱獲をしないこと。また、絶滅危惧種に指定されていることを多くの人に知ってもらい、理解を深めていくことが大切ではないでしょうか。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-浜松市のケーブルテレビ局で自社制作番組を作っており、リポートはもちろん、カメラや編集、番組の企画構成も担当しています。番組が出来上がるまでの一貫の業務に携われるのはとても嬉しく、視聴者の方々に、「番組見たよ!」「面白かったよ!」と声をかけていただいたときに大きなやりがいを感じます。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-視聴者の方々に、地域のイベント情報を多く伝えることです。なるべくたくさんのイベントに出向き、会場の様子を伝えることで、「来年は行ってみよう」と皆さんに思ってもらえるように頑張っています。また、この地域の良さを一人でも多くの方に感じていただけたら幸いです。

うなLady大久保結奈さんブログ用.JPG

nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2