SSブログ
うなLady ブログトップ
前の20件 | -

今号のうなLady〈Vol.159〉2020年3月25日号掲載 [うなLady]

横山 藍さん 33歳
がん研有明病院 看護師(東京都)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-「藍の家亭」(大田区西蒲田)の創業者である祖父が小さい頃からよく食べさせてくれました。今ではウナギは高価な外食になっていますが、私にとっては懐かしい思い出の味です。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-ウナギをいただく人全員がウナギの環境の保全に目を向けていく時が来ていると思います。実家の「藍の家亭」では、ギフト商品購入に合わせて団体へ寄付をしています。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-何者でもない私が患者さんの人生の大事な場面に携わり、お手伝いをさせていただいたり、感謝の言葉を掛けていただいたりすることにやりがいを感じます。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-ガンと闘う患者さんやご家族への声掛けを心がけています。立派なことは言えませんが、少しでも希望を持って前に進めるような関わりが出来るようにと思っています。

うなLady横山藍さん のコピー.jpg


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.158〉2020年3月5日号掲載 [うなLady]

荒井さやかさん 20歳
「鰻 しらゆき」勤務(東京都中央区)

▼ウナギについてどのようなイメージがありますか?
-ウナギは奥が深すぎる食べ物だと思います!「ウナギ」という1種類で様々な食べ方や地方による違いがとても愉快で、どんなに食べても飽きることのない素敵な食べ物だと思います!

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-とても寂しく感じます。しかし近年、稚魚の研究が進み、完全養殖が可能になりつつあるので、ウナギがたくさん食べられる日を待ちわびながら応援したいと思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-お客様が当店の鰻を口にした際、びっくりした顔で「美味しいね」と言ってくださるととても嬉しい気持ちになります。その驚いたような幸せそうな顔を見るために、大将と日々精進しております!

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-鰻居酒屋を謳う「鰻 しらゆき」の暖簾をくぐったすべてのお客様に「素敵な時間を過ごしたな」と思っていただけるような接客を心がけています!店内の雰囲気づくりなど楽しい空間を提供したいと思っております!

4,5面、うなLady.jpg


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.157〉2020年2月25日号掲載 [うなLady]

岩元みささん 26歳
砂漠ランナー Ponちゃんクラブ所属(鹿児島県)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-栄養たっぷりのウナギだからこそ、レース前後に食べたいなぁと思います。祖母も大好物で、遊びに行くとよく一緒に食べに行きます。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-正直にいうと、そのことを知らなかったので驚きました。まずはその情報をもっと多くの人に伝えます。今後ますますの養殖技術の発展に期待します。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-砂漠マラソンランナーとして活動しており、そのときの様子を学校や企業で話しています。聴いている人の目が輝いていくのが嬉しいです。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-「チャレンジすることは楽しい!今できないことは、すべてあなたの可能性」と聴き手のやる気を奮い立たせ、ワクワクする話し方を心がけています。

うなLady岩元みささん.jpg

nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.156〉2020年2月15日号掲載 [うなLady]

坂元彩乃さん(33歳)
鹿児島テレビ・ラジオ フリータレント(鹿児島県)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-元気をつけたい時や自分へのご褒美、お祝い事などでウナギを食べます。日常というより、特別な時にちゃんと時間を作って食べに行くことが多いです。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-私の場合、特別な時に食べることが多いからこそ、そこには思い出もあります。だからなくなって欲しくない!この一言につきます

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-『あなたの笑顔や声から元気をもらえる』。こんな声が届き、励みになります。でもTVやラジオを通して、実は私の方こそ皆さんから元気をもらって今の私があると思っています。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-私自身が楽しむこと。人と人なので。見て聴いてくださる方には『心』で伝わるのではないかと思っています。

坂元彩乃さん.jpg


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.155〉2020年2月5日号掲載 [うなLady]

蜂須賀 孝子さん 55歳
(有)都城給食センター 管理栄養士(宮崎県都城市)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-夏の暑い日、『うなぎ』の文字を見たり聞いたりすると、突然うなぎを食べたくなります。うなぎは栄養もあり、スタミナが切れたなぁと感じた時は迷わず食べたくなりますね。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-うなぎだけではなく、他のことでも同じ状況が起きる可能性はあるので、私たち一人一人がゴミ問題や汚染について真剣に取り組むべきだと思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-お客様が『美味しかったよ』と喜んでくださることが一番のやり甲斐です。そして、スタッフ間に笑顔の絶えない職場であることも毎日の仕事が楽しい理由の一つです。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-自己満足のサービスになっていないか?お客様目線になっているか?お客様が一番に喜んでくださることを考えるようにしています。もちろん、仲間とのチームワークもとても大切にしています。

蜂須賀孝子さん うなLady.jpg


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.154〉2020年1月25日号掲載 [うなLady]

小泉 翠さん 28歳
浜松市議会議員(浜松市) 

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-小中学生の頃は浜松に来た祖父母と一緒に、一人暮らしをしていた大学生の頃は、実家に帰ると両親と一緒に食べに行ったことをよく覚えています。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-ウナギの再生産速度を上げるために乱獲を防いだり、河川環境を整えたりする必要があると考えます。また、消費者一人ひとりの意識向上に繋がるよう、引き続き情報提供を行っていただけるとありがたく感じます。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-浜松市の中でも、今まで知らなかった場所や話を聞き、それを地域の方にお話ししたり、反対に地域の方の声を浜松市に届けたりすることにやりがいを感じます。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-様々なことに疑問を持って、疑問に思ったことは調べたり質問したりして自分なりに理解できるように心がけています。

小泉翠さん.jpeg
小泉翠さん全身.JPG


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.153〉2020年1月10日号掲載 [うなLady]

桐島 凛さん 39歳
「銀座 カシェ」勤務

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-父が鰻好きで私も幼少から大好きなので、特別な日以外に普段でも食べたいと思っております。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-乱獲や環境問題が重要な気がしております。そしてこの問題を一人でも多くの方に知っていただき、しっかりこの問題に向き合ってもらいたいなと思っております。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-お客様に笑顔になる時間を提供させていただけることです。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-いつ食べても美味しい鰻のように、いつ会っても楽しい女性でいられるよう心掛けております!

桐島 凛さん.jpg


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.152〉2019年12月15日号掲載 [うなLady]

吉岡 幸織さん 25歳
居酒屋「時津洋」勤務(東京都千代田区)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-活力を高めるために、心身ともに元気が出ないときに食べたいと思います。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-ウナギというのは日常的な食でもあり、日本人全員に元気を与える食べ物だと思っています。そんなウナギがなくなってしまうのはとてももったいないですね。天然ウナギを乱獲することなく守っていくことが大事だと思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください
-常連のお客様が多く、半分ほどはリピーターのお客様ですが、食べたあとのお客様の「おいしい」という言葉を聞いたときや、笑顔を見たときは嬉しくなります。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-お客様に笑顔で帰っていただくため、また、当店を思い出していただくため、できるだけお話しするようにしています。そうすることでお客様の印象にも残していただけると思います。

うなLady吉岡幸織さんブログ用.JPG
うなLady吉岡幸織さん全身.JPG


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.151〉2019年12月5日号掲載 [うなLady]

牧瀬 加奈さん(24歳) 
リポーター、タレント(フリーランス)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-特にお仕事を頑張った日に、また、体力的にも精神的にも少し疲れてしまったときに「自分へのご褒美」として美味しいウナギを食べて元気を出します!ふと鰻屋さんの前を通ったとき、ついつい香りにつられてお店に入っちゃいます。

▼お馴染みのニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-鰻好きの私にとってはなんとも悲しいニュースです。日本人は土用の丑の日にはウナギを食べるという昔ながらの素晴らしい習慣がありますが、その日本人が食べる大部分がニホンウナギですから…。その習慣が今後減少してしまうと、日本の食文化にも大きな影響がありそうですね。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-鹿児島の皆さんに、見たい!知りたい!行ってみたい!という気持ちを掻き立てるような情報を楽しく分かりやすくお伝えできるよう、日々研究しながら取り組むこと、また、視聴者の方からの声も励みに仕事に取り組んでいます。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-私に関わるすべての人や縁に感謝の気持ちを持ち、依頼を受けたお仕事は必ず何でも全力で取り組むことです。また、皆さんに見られるお仕事なので、絶対に自分でも楽しみながら笑顔でお仕事を頑張っています!

牧瀬加奈さん.jpg


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.150〉2019年11月25日号掲載 [うなLady]

谷本 友理紗さん
「三谷うなぎ屋」若女将(三重県)

▼どんな時にウナギを食べたいと思いますか?
-オススメのお店を聞いたり、SNSで面白そうな投稿を見つけたりすると、最短でいつ行けるか予定を考えます(笑)。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-ウナギ完全養殖の商業化が進むことはもちろんですが、消費者の方に少しでもウナギの伝統文化に対して魅力を感じていただくことが大切だと思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-毎朝主人と義父と3人でウナギを裂くのですが、この職人不足の業界の一員として自分の居場所があることにやりがいを感じます。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-100年先も愛されるお店であるために、専門店だからこその魅力を伝えられるようにこれからも努力するとともに、次世代にも繋いでいきたいです。

谷本 友理紗sann.JPG


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.149〉2019年11月15日号掲載 [うなLady]

渡辺 千遥さん 21歳
ホテルクラウンパレス浜松(浜松市中区)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-土用の丑の日のほか、頑張ったときのごほうびとして食べたくなります。時折、チラシに割引券が入っているのを見つけるとお店に行くことがあります。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-地元の浜名湖でもあまり見かけなくなったので、環境の悪化も関係しているのではと思います。なくならずに残ってほしいので、ウナギが多く育つ環境を整えることも大事だと思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください
-2年目で会計職や事務職が多くなり、お客様と接する機会は少なくなりましたが、お客様と直接会わなくても、電話で「ありがとう」とお礼をいわれるとやりがいを感じます。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-お客様が何を求めているか、どうしてほしいのかを把握し、お客様の立場を常に第一に考えて行動するようにしています。

渡辺千遥さんアップ.JPG
うなLady渡辺千遥さん のコピー.JPG


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.148〉2019年11月5日号掲載 [うなLady]

川江 和美さん 54歳             
エステサロン経営(宮崎県都城市)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-元気を出したいときや、TV放送を見てしまったときに「うなぎ」を食べたくなります。美味しさをイメージしやすい食品なので、食べる前からテンションが上がります。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-うなぎの住みよい環境を作り直す!そのためには家庭からの排水や工場排水など、川に与える影響を知る機会をたくさん作ることが大事だと思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-骨格美容矯正サロンでは、お客様の健康へのお手伝いができること、また、お客様の「なりたい自分」のために色々なことを共感し合い、笑顔を作っていけることがやりがいです。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-お客様の家や職場で「笑顔の輪」が広がるように、一人一人を笑顔にできるよう心がけています。

川江和美(左)さん のコピー.jpg


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.147〉2019年10月25日号掲載 [うなLady]

佐藤 夕希さん(36歳)
うなぎ藤田浜松駅前店

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-嬉しいことがあったときや勝負前に気合いを入れたいとき、頑張った自分へのご褒美など特別な日に食べたくなります。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-絶滅危惧種に指定されたことを知らない方もいらっしゃるのが現状なので、まずは多くの方に知っていただけるような働きかけができたらいいなと思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください
-お客様に笑顔になって帰っていただけると嬉しくなります。「長年の鰻嫌いを克服できたよ」と言っていただけたときは特に嬉しかったです。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-お腹を満たすだけでなく、心も満たして幸せな気持ちになっていただけるように、お客様の気持ちに寄り添った接客ができたらいいなぁと思っています。

5面、うなLady佐藤夕希さんブログ用.JPG


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.146〉2019年10月5日号掲載 [うなLady]

添田ひとみさん 23歳
(NHK高知放送局)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-嬉しいことがあったときやおめでたいとき、そして記念日などに食べたくなります。幼いころ、祖母や母と一緒に食べたうなぎがいい思い出です。

▼お馴染みのニホンウナギ(学名;アンギラ・ジャポニカ種)が絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-日本人の食生活に欠かせないウナギ、大切に守っていかなければならないと思います。シラスウナギの乱獲を防ぐだけでなく、完全養殖や太化などの取り組みを取材し、生産者の方々の努力を知りました。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-色々な人と出会い、様々な知識を得ることができることです。今年7月、『おはよう日本』で「危機を救う!太化のウナギ」というリポートを制作。ウナギが抱える諸問題など社会問題を広く伝えることができたのではないかと思っています。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-取材させていただいた方々と真摯に向き合うことを心掛けています。また現在、NHK高知放送局にいるため、高知県の魅力を発信するとともに、高知県が抱える課題なども伝えていきたいと思います。

添田ひとみさん.jpeg
添田ひとみさん②.jpeg


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.145〉2019年9月25日号掲載 [うなLady]

川口真樹さん 53歳
京丸うなぎ 株式会社(静岡県沼津市)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-お店や加工場から香ばしい香りがしてくる時(・・・なので毎日食べたいです)。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-天然資源保護のためには仕方のないことだと思いますが、それで皆が環境問題について考える良い機会になればと思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-お客様から、「ありがとう、とても美味しかった、またお願いしますね」とおっしゃっていただいた時は本当に嬉しいです。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-お客様、お取引先の皆様、社内で感謝の気持ちを忘れずにいつも笑顔で明るく!を心掛けています。

川口真樹さん.JPG


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.144〉2019年9月15日号掲載 [うなLady]

石田 薫さん 31歳
茨城県広報PR事務局(茨城県)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-仕事で疲れているときや、ここぞというときにうなぎパワーを注入したくなります。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-養殖の研究が進んでいるとニュースで知ったので、もっとうなぎの養殖が定着するように支援したり、うなぎの大切さを周知したりしてほしいと思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-出身地の茨城県の魅力を全国の沢山の方に発信できることです。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-感謝の気持ちを持って、常にベストを尽くすこと。臨機応変に考える・行動することを心がけています。

うなLady石田薫さん.JPG
石田薫さん全身.JPG


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.143〉2019年9月5日号掲載 [うなLady]


佐藤 えり子さん(45歳)
茨城県広報PR事務局(茨城県水戸市)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-ウナギは大好物なので、いつでも食べたいです(笑)

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-完全養殖ウナギの商業化が進めば、世間的に話題になり、消費者も増え、食文化が守られるのではないでしょうか。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-茨城県を色々な手段でPRし、それが露出につながったときの達成感!

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-お客様や仕事仲間の気持ちを考えて行動することと、仕事のスピード感を大切にしています。

うなLady佐藤えり子さんブログ用.JPG
佐藤えり子さんブログ用2.JPG


nice!(3) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.142〉2019年8月25日号掲載 [うなLady]

新井 淑子さん(49歳)
株式会社 東京円結び代表取締役(千葉県柏市)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-自分へのご褒美や心身を元気にしたい時。今や高級食材なので、特別な時に食べるモノとしてイメージしています。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-環境問題が世界的に問題視される中、本当に残念で心配です。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-日本文化伝承システム構築を目指し、2015年に起業しました。自分の目標を忘れずに出来る事から少しずつでも前進できている事が、何より起業した甲斐を感じています。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-その場が明るく楽しい空間となる事。同じ時間と場所を共有した方々にとって良い想い出となる時間と場所を作る事。

新井淑子.jpg


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.141〉2019年8月10日号掲載 [うなLady]

石井てる美さん(36歳)
ワタナベエンターテインメント所属 お笑い芸人(東京都)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-私は三姉妹なのですが、幼い頃、母が私たち三姉妹のために3つのうなぎ丼を食卓の上に用意して出かけてそれきり帰ってこなかった、という怖い夢を見ました。いい大人になった今もウナギを見るとその夢を思い出します。なんの夢だったのでしょうか(ちなみに母は元気です)。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-恥ずかしながら、ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることを知りませんでした。感謝していただきたいと思います。養殖技術が発展することを祈ります。

▼仕事のやりがいをお聞かせください。
-ラジオ番組でリスナーさんから「元気をもらった」とのお声をいただいたり、お招きしたゲストの方が帰り際に「楽しかった」と言ってくださったりすること。

▼仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-自分の身はいくらでも削るけど、自分以外の誰かが見たり聞いたりして不快になったり傷ついたりしないネタやトークを心がけています。

石井てる美さん.jpg
IMG_3173.JPG


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.140〉2019年7月15日号掲載 [うなLady]

林 美穂子さん(48歳)
まるよ運送、カフェア&パブ「アリス」(愛知県西尾市)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-うなぎは夏バテ防止というイメージがありますので、やはり暑い時や体が疲れている時に食べたいなと思います。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることについて、どう思いますか?
-日本の食文化の一つであるうなぎが減少傾向にあるのは非常に残念に思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-私はうなぎを運んでいる運送屋さんと飲食店、二足のわらじで頑張っていますが、色々な方と出会える事に幸せとやりがいを感じます。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-一つ一つの出会いを大切にして、いつもやる気を持って、笑顔でお客様に接するように心がけています。

IMG_8015.JPG


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース
前の20件 | - うなLady ブログトップ